その他コーヒー カフェインレス

【比較】美味しいカフェインレスコーヒーおすすめランキング

2017/09/27

最近、夜はコーヒーを飲まずにハーブティーかカフェインレスのコーヒーにしています。

デカフェのコーヒーは、あまりおいしくないという先入観がありましたが、このところ多くのメーカーがカフェインを抜いたコーヒーを出していて、味もそこそこいけるものがあるようです。

とはいっても、まずいコーヒーを飲むならハーブティーとかルイボスティーとか別のものを飲んだほうがいいので、とりあえず目に付いたカフェインレスコーヒーを片っ端から飲んでみることにしました。

味と香り、価格とのバランスなどを順次お伝えしていきます。

現在(2017年夏)までに13種類試しました。
試飲ごとにどんどん増やしますが、飲むのは夜だけなので、なかなか進まないかもです。ごめんなさい。

原則的にドリップコーヒーを試していきます。

Amazonでは、時々カフェインレスコーヒーのクーポンが出ています。
品目はその時によって違うので、お買い物の前にチェックしてみてください。
Amazonドリンクークーポン

たくさん飲みましたが「おすすめ!」と言えるモノは上位5位までくらいです。

ダントツ1位は アバンスおいしいカフェインレスドリップコーヒーです

アバンス おいしいカフェインレス
\1,879(2017/5/22の価格)1杯あたり39.15円
カフェインを抜く方法 不明

意外にも一番はこれです。
まるで期待せずに飲んでびっくりのおいしさでした。

低コストで1番おいしい!
弱点があるとすれば知名度だけ。断然オススメです。

カフェインレスコーヒーの問題点というのは、

  • やはり物足りなさは否めない
  • コーヒーらしさは苦味だけでまったく酸味がない
  • むかーしのインスタントコーヒーのようなにおい(not香り)
  • それでいて価格は高い

といったところと思うのですが、これらすべてをクリアしています。

さっぱりした味でおかしな苦味や不自然なコクがなく、かすかな酸味があってこれでこそコーヒー!という味わいです。

これまでは、夜コーヒーを入れる時は「ああ夜だからカフェインレスか」と、がっかり気分だったのですが、このアバンスだと「やったー!一日で一番美味しいコーヒーだ!」くらいの気持ちになります。
もう一日中これにしたらいいんじゃないかと(笑)

コストも小川珈琲より低いですし、意外なところでよいものを見つけて得した気分です。

とは言えイヤな点もあり…

これは個別パックで、コーヒーカップにかけて1杯ずつ抽出するタイプのコーヒーなのですが(ダンク式と言うらしいです)、カップにかける部分の幅が狭くて、とてもセットしにくいのです。
安定しない感じで、お湯を注ぎながらなんとも心許ないと言うか…

もしかすると、このパックの形状もおいしさに一役買っているのかもしれませんが、カップの直径に足りるくらいの幅にはして欲しいなと、強く思います。

他は満足!最高評価と言いたいくらいなのです。そこだけが残念ポイントです。

暫定2位は小川珈琲カフェインレスブレンドです

小川珈琲店 カフェインレスブレンド

\788(2017/5/22の価格)1杯あたり43.78円
カフェインを抜く方法 ウォーター・プロセス製法

小川珈琲というブランドの安心感もあり、こちらもやはりおすすめです。

我が家ではアバンスが上回るという結果になりましたが、好みによると思います。
さわやかな味わいが好きならアバンス、コクが欲しい人は小川珈琲がいいかなと。

コスト重視ならアバンスなので、是非両方試してみてください。

Amazonで小川珈琲2000円分と一緒にオルビスアクアフォースのミニボトルを買うと、243円が割引される(=オルビスが実質無料)キャンペーンやってます。10/18まで

カフェインレスコーヒー比較レビュー コレまで飲んだもの全部をおいしかった順に

1番はアバンス、2番は小川珈琲。
それに続くものをおいしいと感じた順に並べています(私一人の評価です)

モンカフェ カフェインレスブレンド

モンカフェ カフェインレスブレンド

\523(2017/7/3の価格)1杯あたり52.3円
カフェインを抜く方法 不明

これは…ちょっと微妙です。

濃い目に作るとすごくおいしいです。

濃く淹れた場合という条件つきならアバンスと同じような味です。バランスのいい苦味と酸味で、とてもおいしい!

でも、我が家での普段通りの濃さにすると、とたんにまずくなるというか、お湯飲んでるような味になってしまいます。

他の銘柄、特に上位ふたつのアバンスと小川珈琲は、普通の淹れ方でもおいしいので、モンカフェのおいしさ順位はここに。

不思議ですが、濃い目でないとまったくダメな味になります。もったいないので濃く淹れて下さい。

Blendyやすらぎのカフェインレス


Blendy やすらぎのカフェインレス

\648(2017/5/17の価格)1杯あたり43.2円
カフェインを抜く方法 不明

これもいいです。

コーヒーらしい苦味とかすかな酸味でさわやかな味。

やっぱり日本のメーカーのものがいいみたいです。(口に合うという意味)
私たちが普段飲んでいるコーヒーと似た味になってます。

ドトールやさしい香りカフェインレス

ドトールやさしい香りカフェインレス

\999(2017/5/17の価格)1杯あたり49.95円
カフェインを抜く方法 不明

酸味が感じられないのが、ちょっと…という以外特にこれといって不満はない味。
決め手もないけど無難です。
ドトールのブレンドから香り少々と酸味を除いたコーヒーという感じ。
悪くないです。

個包装のダンク式。
簡素な箱に入ってくるのも好印象でした。

MJB スペシャルブレンド カフェインレス


MJB スペシャルブレンド カフェインレス

\970(2017/6/7の価格)1杯あたり32.33円
カフェインを抜く方法 不明

まあまあです。
ここまで試した中で一番低コストにできるので、「値段は安くて味はまあまあ」ということに。

普段使いにはいいと思います。

ヒルス ナイトカフェインレス

ヒルス ナイトカフェインレスコーヒー

\1,008(2017/5/22の価格)1杯あたり59.3円
カフェインを抜く方法 不明

悪くはないですが…
やっぱり酸味がないです。
苦味もあまり強くないので、「酸味ナシの苦味強」なコーヒーよりは飲みやすく感じました。
味のバランスとしては、これでいいのでしょうけども、少し薄いように感じます。

MMC カフェインレスコーヒー

MMC_カフェインレスコーヒー

MMC カフェインレスコーヒー

\642(2017/5/22の価格)1杯あたり40.13円
カフェインを抜く方法 マウンテン・ウォーター・プロセス製法

ちゃんとコーヒーの味。及第点。
むかーしのインスタントコーヒーのようなにおいがするのはなぜ?
抽出するとこのにおいは気にならなくなりますが。

サンパウロコーヒーまろやかな味わいのテイスト カフェインレス珈琲

サンパウロ カフェインレス珈琲

サンパウロ カフェインレス珈琲

\907(2017/5/22の価格)1杯あたり50.39円
カフェインを抜く方法 水抽出法

いまいち。 苦味だけのコーヒーという感想。
いやな味ではないのですが、コーヒーらしいサッパリ感がないです。

普段はコーヒーの酸味をあまり好きだと思っていないのですが、これは酸味がまったくなくて、これを飲んでみて「酸味あってのコーヒーなんだな」と実感しました。
なので、酸味がイヤな人にはむしろぴったりかもしれないです。

キンボ エスプレッソ粉 デカフェ

kimbo_カフェインレスコーヒー

キンボ エスプレッソ粉デカフェ

\1,432(2017/5/22の価格)1杯あたり57.28円
カフェインを抜く方法 不明

苦味だけで酸味なし。他の多くのカフェインレスコーヒーと同じ。
カフェインレスとはこういうものと思ってしまえば、まあ及第点と言えるけど…

1杯あたり価格は、1杯に10gの粉を使うものとして計算しています。
これはエスプレッソ用なので、7g程度で充分です。そうすると1杯当たりコストは40.9円くらいになります。

ラバッツァ デカフェ (カフェインレス) VP

ラバッツァ_カフェインレス

ラバッツァ デカフェ(カフェインレス)VP

\1,180(2017/5/22の価格)1杯あたり47.2円
カフェインを抜く方法 不明

これもエスプレッソ用なので、1杯に6g使ってくださいとあるので、指示通りの使用量で1杯当たりコストを計算すると28.78円になります。

かなり安くなりますが、そもそもカフェインレスとエスプレッソというのがマッチしないような気が…

苦味の強い味でした。

シアトルエキスプレス モーニングディライトディカフェ(カフェインレス)

シアトルエクスプレス

シアトルエキスプレス モーニングディライト ディカフェ

\894(2017/5/22の価格)1杯あたり44.7円
カフェインを抜く方法 スイスウォーター製法

これも苦味だけのコーヒーって印象が。。。
カフェインレスは、どうしてもこの味になりがちなのかな?
もう少しだけ酸味があるとコーヒーを飲んだという満足感があるのですが…

UCC おいしいカフェインレスコーヒー

uccおいしいカフェインレスコーヒー

UCC おいしいカフェインレスコーヒー

\883(2017/5/22の価格)1杯あたり44.15円
カフェインを抜く方法 二酸化炭素抽出法

まずい。コーヒーらしさがない。お湯を飲んでいるような感覚です。
苦味だけのコーヒーが多いなという印象ですが、これはその苦味すらないというか(笑)
アマゾンで見ると評価が高くて「?」
もしかするとこれもすごく濃く淹れればおいしいのかもですが、もう一度買おうという気になれない…

珍しい二酸化炭素抽出法です。
高コストなこの製法を使って、商品はこの価格。どこかでコストを押さえないと無理なはずなので、そのへんが何か影響しているのかもです。

評価はあくまで我が家の感じ方です

1杯あたりコーヒー豆を10g使用するとして何杯分か計算しています

価格はアマゾンでの最安値
定期便の価格ではなく普通の都度買い価格です
私が買ったとき、見たときの値段なので変わることがあります
(もしもアマゾンで見つからなかった場合は、私がお店で時の買った価格を載せます。その場合はその旨明記します)

カフェインレス製法についてはこちらに
カフェインレスコーヒーの作り方は大きく分けて3通り

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク

-その他コーヒー, カフェインレス
-