脂肪の燃焼を助けるコーヒー~コーヒーで痩せる理由1

コーヒーにはなぜダイエット効果があるのか。これには、いくつものファクターがあります。主に活躍するのは、カフェインクロロゲン酸です。

これらの成分には、脂肪燃焼を助ける力があります。どのように働いているのかを見てみましょう。

カフェインが脂肪の分解を促進する

「脂肪が燃える」「脂肪を燃やす」とよく言いますが、この時何が起きてるのかというと…

まず、脂肪が燃焼するためには体脂肪が脂肪酸グリセリンに分解される必要があります。

分解してくれるのは、すい臓で作られるリパーゼという酵素なのですが、カフェインには、このリパーゼを活性化する働きがあります。

脂肪燃焼_リパーゼとカフェイン

 

コーヒーには、トリゴネリンという成分も含まれています。トリゴネリンは焙煎されるとニコチン酸(ナイアシンです。ビタミンB3。タバコとは無関係)に変化するのですが、こちらも同様に脂肪分解を促進します。

トリゴネリンを強化したコーヒー

澤井珈琲

分解されて出来た脂肪酸は、この後ミトコンドリアに取り込まれ、運動するエネルギーに変わる第二段階に進みます。

脂肪燃焼の第一段階、体脂肪の分解をカフェインが助けるわけです。

コーヒーを飲むと、脂肪が分解されやすくなるのです。

脂肪を焼却炉に放り込んでくれるクロロゲン酸

脂肪酸は、ミトコンドリアへと運ばれます。

ミトコンドリアというのは、細胞の中の器官で、体内の栄養をエネルギーに転換する場所です。脂肪が分解されて出来た脂肪酸は、ミトコンドリアで燃焼することによって、エネルギーに変わります。

この時、ミトコンドリアへの脂肪酸の取り込みを促進してくれるのが、このところ話題のクロロゲン酸です。

脂肪燃焼ミトコンドリアとクロロゲン酸

顔以外の部位で、つまめる部分は全部脂肪です。

お腹や二の腕の…そう、それですそれ。

「それ」を焼却炉にどんどん投げ込んでくれるのが、クロロゲン酸なのです。

クロロゲン酸は、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種で、熱に弱い性質から深煎り豆よりも浅煎りのほうが、クロロゲン酸が豊富に残っています。

日本で従来人気なのは、深煎りコーヒーで、浅煎りはあまりおいしくないと認識されてきましたが、最近は、サードウェーブコーヒーの流行もあり、浅煎りが見直されています。

クロロゲン酸、トリゴネリンとも、煎り方が浅いほど多く残りますが、
(参考:日本食品工業学会誌 焙煎によるコーヒー豆のトリゴネリンとカフェイン含量の変化

浅煎りのコーヒーは販売も少なく手に入れるのが大変なうえに、浅煎りに適した抽出法でないとどうしても酸味が強くなってしまいます。

コーヒーのダイエット効果を強化した商品もあるので、コーヒーダイエットをやってみるならそうしたコーヒーを飲むのがおすすめです。

私の痩せ体験談はこちらに

エクササイズコーヒーで2ヶ月4㎏痩せ-ダイエット効果とお試しから解約までを口コミします
エクササイズコーヒーはコーヒー自体の持っているダイエット効果に独自の成分を加えてより痩せやすくしたコーヒーです。産後太りで残った4kgをエクササイズコーヒーで落としました。エクササイズコーヒーはなぜ痩せるのか、他のダイエットコーヒーとのコストの比較、一番お得に買う方法などを、私の体験とともに説明します。

コーヒーの痩せ理由は、こちらも

カフェインのダイエット効果~コーヒーで痩せる理由2
カフェインには、代謝をよくする働きがあるので、コーヒーを飲む人は、じっとしていても飲まない人より多くの熱量を消費できます。体重50kgの人が10分ウォーキングをした時の消費カロリーが、25~30kcalです。家から駅までの距離がこれよりも短い人も大勢いますよね。一日三杯のコーヒーで、駅までの片道分くらい稼げます。
クロロゲン酸が血糖値の上昇を防ぐ~コーヒーで痩せる理由3
食後血糖値の急上昇は、ダイエットの大敵です。糖質が摂取されてから血液へと移動するペースは、早いほうが太りやすく、これを遅く出来れば太りにくくなると言うことです。で、どうやって遅らせたらいいのさ大丈夫、私たちにはクロロゲン酸がついています。糖質分解酵素の働きを阻害摂取した糖質は、まずアミラーゼやグルコターゼなどの糖質分解酵素によって吸収しやすい形に分解されますが、クロロゲン酸は、これらの酵素の働きを阻害します。食べてから分解されるまでの時間を長くしてくれるので、血糖値の上昇もゆるやかに出来るのです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存