偏頭痛の簡単で難しい予防法~費用ゼロで10年悩んだ偏頭痛が消えた話 - Switch!

片頭痛 睡眠

偏頭痛の簡単で難しい予防法~費用ゼロで10年悩んだ偏頭痛が消えた話

2017/12/06

謎タイトルですみません。

※偏頭痛の予防法の話です。
今起きている頭痛の抑え方ではありません。

偏頭痛の予防法

私には、効果覿面でした。
シンプルな方法です。

それは、

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる

これだけです。

は?と思っちゃいましたか?
でも本当にこれだけなのです。

簡単だけど難しい!でもやって下さい

これは本当に難しいですよね。
何も特別なツールやコストがいるわけじゃないから簡単と言えば簡単。
でも実行は難しいです。

仕事をしていると、週末の朝寝坊は、ささやかな楽しみの一つですし。

夜は夜で、長引く仕事や家族の都合で、寝ようと思っている時間から1時間や2時間は簡単に遅れてしまいます。

難しさは承知の上です。
承知の上で「試しにやってみて下さい」と言いたい!

私にはそれくらい効果があったってことです。

人生が変わったと言いたいくらいです。

早朝からさわやかな女性

偏頭痛で困ったことのない人にとっては、「なにを大げさな」という話だと思いますが、長年悩んでいる人は、きっと分かってくれると思います。

偏頭痛は、一度起きると一日中直らず、楽しい予定があってもその日は「頭痛の日」になってしまいます…よね?

さらに困ったことに偏頭痛は、一度酷くなると数日間続くことが多く、これでは「頭痛の週」になってしまいます…よね?

どこかへ出かけるときには、たいして効かないと分かっていながら頭痛薬を常時携行。薬を持たなきゃ不安で外出できなかったり。

毎日が頭痛色に染まってるわけですよ。
頭痛に支配されて「頭痛の人生」ですよ、もう!

頭痛に怯えることのない毎日は、本当にハッピーです。

私の場合、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる実験の効果はすぐに出ました。

最初の一週間で

「あれ?頭痛が減った?」

くらいの感じになり、二ヶ月継続した頃には効果を確信。
半年後には、頭痛を忘れて生活していました。

この習慣をはじめて二年経ちます。
二ヶ月に一回ペースで通っていた頭痛外来でしたが、最後にかかったのは14ヶ月前。

今でも、たまに痛くなることはあります。

でも!

頭痛薬は、もうほとんど飲んでいません。

「あれ?今日はちょっと頭痛いかな?」と思った日でも、何かしているうちに勝手に治っていたりします。

バリバリの頭痛持ちだった頃には、その日のうちに自然に治るなんてとても考えられないことでした。

睡眠時間固定。
これだけで実現できたので、困っている方は是非一度試してみてください。

個人差はあると思いますが、万が一効き目がなくても何も損しませんし、体に悪いことが起きる心配もないので。

なぜ寝起きする時間の固定が偏頭痛を予防するのか

結局のところ、睡眠不足と睡眠過剰という、偏頭痛の大敵を遠ざけられるからです。

脳血管が拡張すると偏頭痛が起こりますが、眠っている間の血管は拡張しています。寝すぎると頭が痛くなるのは、このためです。

では逆に寝不足でも頭痛がするのはなぜかというと、これは脳の防衛反応のようなものではないかと言われています。

脳にとって寝不足は本当に危険なことなので、疲れの取れていない脳にオーバーワークをさせないために、睡眠が不足しているときには、脳の血流が少なくなり、それが頭痛の原因になっているという説があります。

まだ研究途上のようですが、寝不足が体と脳にいいはずがありません。

必要充分な睡眠毎日取ることが、重要です。
そう、毎日です。

決まった時間に寝て決まった時間に起きる。この習慣が、自然に過不足のない睡眠に結びつくから頭痛が防げるのです。

睡眠_子供

他の治療法と並行して睡眠固定を試してみてください

ここ数年で偏頭痛に関する情報が増えて、専門に診てくれる頭痛外来も出来ました。

処方薬ばかりでなく、サプリメントやハーブティなどもたくさん紹介されていて、私も色々試しましたし、どれもちゃんと効果はありました。

でも一番良かったのは、間違いなく睡眠時間の固定でした。

専門医への相談やサプリの利用と並行して、寝る時間、起きる時間の固定も試してみてください。

あなたの頭痛も良くなりますように。
その辛さを知る者として心から祈っています。

早寝が難しい理由と早寝する方法については、こちらに書いておいたのでご参考に

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク

-片頭痛, 睡眠