代用コーヒー

ティーチーノ各フレーバーの栄養成分早見表と効能別フレーバー選び

カフェインの悪影響を避ける(=マイナス要素の排除)だけでなく、そこにハーブによるプラス要素を加えようというスタンスで選ばれているのが、ハーバルコーヒーです。ティーチーノ各フレーバーごとの原材料、栄養成分をまとめたのでフレーバー選びの参考にして下さい。
健康

コーヒーと骨粗鬆症の危険な関係に一石二鳥の対応策

最近は、体にいいものだと言われることの多いコーヒーですが、飲みすぎは良くありません。良くないと言うより「ダメ」です。コーヒーの飲みすぎが要因になりえると言われる症状のひとつに骨粗鬆症があります。コーヒーダイエットをするなら、やはり毎日コーヒーを飲むのが理想です。しかし飲みすぎると骨粗鬆症の危険性が高まってしまいます。この危険を避けていいとこ取りをするには、まずコーヒーを一日2~3杯までに抑えて、飲みすぎないことと、運動をすることです。コーヒーダイエットでコーヒーを飲むタイミングとして推奨されるのが、運動前です。