クロロゲン酸

コーヒー

清澄白河のブルーボトルコーヒーはどこにあんのさ!と困っているあなたへ

ブルーボトルコーヒー日本の1号店は青山ではなく清澄白河です。でもこのお店は、とても分かりにくい場所にあります。住宅街の中なので近くに目立つ建物もなくGoogleMapで見ても地元の人でもなければイマイチ行き方が分かりません。清澄白河駅から、清澄庭園からの道順を写真で説明します。
コーヒーダイエット

感涙!カフェインレスのダイエットコーヒー タニタプレミアムブレンド

カフェインレスコーヒーにもダイエット効果はあるでしょうか?結論から言うと、あります。多少は。コーヒーのダイエット効果は、主にカフェインとクロロゲン酸の作用から来ていますが、クロロゲン酸はただでさえ熱に弱く、焙煎で大幅に減少してしまう上に、カフェインレスに加工する過程でますます多くが消失していまいます。カフェインレスのダイエットコーヒーを作るのはとても難しいと言えます。でも
コーヒーダイエット

3種類のクロロゲン酸ダイエットコーヒーのコスト比較

いくら痩せるためとは言え、出来るだけコストがかからないようにしたいですよね。そこで、代表的なダイエットコーヒー3種類の1杯あたりのコストを、まとめ買いした場合や送料なども含めて計算、比較してみました。成分と味についても入れておいたので参考にして下さい。
コーヒーダイエット

エクササイズコーヒーのダイエット効果は4つの成分の力

エクササイズコーヒーが脂肪を燃焼させるのは、・カフェイン・クロロゲン酸といったコーヒーに元々含まれる成分の他に、還元型コエンザイムQ10、L-カルニチンを配合してダイエット効果を強化しているからです。4つの成分について説明しています。
健康

コーヒーは糖尿病を予防する

クロロゲン酸の血糖値抑制効果代謝率の向上は、コーヒーだけでなく緑茶でも同様の実験結果が得られることから、カフェインの作用とされていますが、カフェインレスのコーヒーにも糖尿病を予防する効果が認められています。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、糖質分解酵素を阻害したり、消化管が糖を吸収するのを抑えたりするだけでなく、血糖値の上昇を抑制するホルモンGLP-1 の生成を促進する働きもあり、糖質を摂取したときの血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。
コーヒーダイエット

クロロゲン酸が血糖値の上昇を防ぐ~コーヒーで痩せる理由3

食後血糖値の急上昇は、ダイエットの大敵です。糖質が摂取されてから血液へと移動するペースは、早いほうが太りやすく、これを遅く出来れば太りにくくなると言うことです。で、どうやって遅らせたらいいのさ大丈夫、私たちにはクロロゲン酸がついています。糖質分解酵素の働きを阻害摂取した糖質は、まずアミラーゼやグルコターゼなどの糖質分解酵素によって吸収しやすい形に分解されますが、クロロゲン酸は、これらの酵素の働きを阻害します。食べてから分解されるまでの時間を長くしてくれるので、血糖値の上昇もゆるやかに出来るのです。
コーヒーダイエット

脂肪の燃焼を助けるコーヒー~コーヒーで痩せる理由1

コーヒーにはなぜダイエット効果があるのか。これには、いくつものファクターがあります。主に活躍するのは、カフェインとクロロゲン酸です。 これらの成分には、脂肪燃焼を助ける力があります。どのように働いているのかを見てみましょう。