爽快軽快な朝に感激 バルクスポーツビッグカゼイン アミノ酸の熟睡効果 - Switch!

プロテイン・HMB

爽快軽快な朝に感激 バルクスポーツビッグカゼイン アミノ酸の熟睡効果

2017/09/23

カゼインプロテインです。

カゼインは、牛乳やチーズなどに含まれるたんぱく質で、その吸収の遅さから、長時間筋肉に効き続けさせたい場合に良く使われるプロテインです。

吸収が早く即効性に優れたホエイプロテインは、すみやかーに筋肉を回復させる目的で用いるのに対して、吸収の遅いカゼインは、その分長時間アミノ酸を放出し続けてくれるので、寝る前に飲むのがよいとされています。

寝ている間の筋肉の分解を防いで、朝までじっくり筋肉をサポートしてくれるのがカゼインプロテインです。

吸収が遅い=長時間の効果

というのがポイントです。

カゼインプロテインは不人気?

最近は、ホエイプロテインの商品が多く、カゼインはあまり売られていません。

スポーツクラブのショップやスポーツ系の専門店にならありますが、ドラッグストアなどだと、ホエイとソイしか置いていないことが多いです。

カゼインには

  • 溶かしにくい
  • ダマになりやすい
  • まずい

という欠点があり、簡単に言ったら不人気なのでしょう。

確かにね…たまに飲む薬なら不味くても耐えられるけど、プロテインだと毎日のように飲むわけで、あまりに不味かったり、溶け残って最後はお豆腐食べてるみたいになったりするものは辛い…

でも、この頃は上記の欠点の改善された商品がちらほら出ています。

バルクスポーツ ビッグカゼイン

バルクスポーツ_BIGCASEIN

飲んだのは、バルクスポーツのビッグカゼイン キャラメル味です。

バルクスポーツ_BIGCASEIN - 栄養表示

1食分25gで18.9gのたんぱく質なのでたんぱく質含有量は75.6%です。

たんぱく質含有量は70%くらいが必ず超えて欲しいボーダーラインと考えているので、まずまずです。
炭水化物が少ないのもいいです。

バルクスポーツ_BIGCASEIN - 吸収スピード

パッケージの裏にはホエイプロテインとの吸収スピードの違いを示したグラフが。

この「遅さ」を狙って飲むのがカゼインなのです。

バルクスポーツ ビッグカゼインを溶かしてみた

ホエイに比べると、かなり溶けにくいです。

でもあくまで「ホエイに比べると」です。

ホエイだと、水に入れてグラスを軽く回すだけで溶けるものもあるくらいなので。

カゼインは溶かすのに苦労する種類のプロテインなので、もちろんグラスでは無理です。

必ずシェイカーで。

プロテイン溶きの鉄則どおり、先に水を入れて上からプロテインパウダーを。
シェイカーのフタを締めたら一心不乱に振ります。

100回振ったところです。

このくらいの水でちゃんと全部溶けてます。100回も必要なかったです(笑)

バルクスポーツ_BIGCASEIN プロテインシェイカー100回

少し前のプロテインと全然違いますね。
最近は扱いやすい商品が増えました。

溶けにくさ問題は、普通のプロテインシェイカーがあれば解決です。
(メッシュのついたシェイカー等、よりパウダーを溶けやすくしたものはありますが、バルクスポーツのカゼインには不要です)

バルクスポーツ ビッグカゼイン キャラメル味はおいしい?

はい。おいしいです。

この味は…キャラメルというより、むかーしあった(今でもあるかもですが)粉のミルク、コーヒーや紅茶なんかに入れる粉のミルク(ブライトとかクリープとかのあの粉ミルクのことです)に砂糖を入れた味です。

子供の頃よく飲んでました。

甘味はもちろん砂糖ではなく、甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ネオテーム)の甘さです。

かすかにプロテインらしい苦味やクセは感じられますが、気になるほどではないです。

とてもまずい印象のあるカゼインですが、この味なら余裕です。

もしかすると甘すぎると感じる人もいるかも。

腹持ち具合はどう?置き換えダイエットに使える?

腹持ちは…「まあまあ」くらいですね。

もっとズシンと胃に手ごたえのあるカゼインもあると思います。ずっと前に飲んだのはそうだったので(ただし激マズでした)

それならと牛乳で溶かしてみましたが、腹持ちはやっぱり「そこそこ」くらいで(笑)

牛乳で溶くとよりおいしくなるので、その点はいいのですが。

意外だったのですが、腹持ちならこちらのソイプロテインの方がいいです。
ソイの腹持ちには食物繊維が渋く働いているかもしれません。

1食分のカロリーと糖質量

カロリー BIG CASEIN

ビッグカゼイン1食分のカロリーが95kcal、炭水化物量が3.2gです。

糖質=炭水化物-食物繊維 ですが、ここでは便宜的に炭水化物量をそのまま糖質とします。
いずれにしろ大した量ではないです。

水で溶かすなら、95kcal、糖質3.2g

牛乳で溶かすとすると、牛乳1杯が大体130~140kcal、糖質10g程度なので

225~235kcal、糖質13.2g前後

になります。

牛乳は、とてもGI値の低い食品です。

牛乳の糖質は血糖値を上げにくく、脂肪がつきにくいので、プロテインの牛乳割りは、置き換えダイエットに適した飲み物だと言えます。

ただ、やはり腹持ちがいまひとつ物足りないのと、ミネラルや鉄も配合されているという点から、置き換えるならザバスのほうがいいと思います。

バルクスポーツ ビッグカゼインを飲んだ翌朝に感じる効果

強調したいのは、これです。

寝る前に飲むと、朝までじっくりアミノ酸が効いてくれるのがカゼインですが、朝の体調にこうも影響するとはびっくりでした。

私の場合、いつも朝はだるーだったのです。

カゼインを飲んで寝ると、不思議なことに朝のあの体の重さがありません。

アミノ酸で爽快な朝

結局、毎朝だるかったのは筋肉疲労だったの?
確かにだるさの中に腿あたりがなんとなく痛いような感覚もないではなかったですが…

毎日軽めの筋肉痛だったのか?

でも何もしていない日に筋肉痛っていうのも変だし…

これ、良く考えたら分かりました。

アミノ酸の熟睡効果ですね。

ぐっすり眠れているから朝体が軽いと、そういうことでしょう。

なんだそういうことだったのか。
グリシンでぐっすり眠れるのと同じ効果だったのですね。

グリシンもアミノ酸なので。

熟睡する猫

深い眠りって大切ですね。

ありがとう寝る前のプロテイン!

保存

保存

スポンサーリンク

-プロテイン・HMB