感涙!カフェインレスのダイエットコーヒー タニタプレミアムブレンド - Switch!

コーヒーダイエット カフェインレス

感涙!カフェインレスのダイエットコーヒー タニタプレミアムブレンド

カフェインレスコーヒーにもダイエット効果はあるでしょうか?

結論から言うと、あります。あるはずです。多少は。

コーヒーのダイエット効果とは

コーヒーのダイエット効果は、主にカフェインクロロゲン酸の作用から来ています。

タニタカフェインレスコーヒーと本

カフェイン

脂肪が燃焼するためには、脂肪酸とグリセリンに分解される必要があります。

分解に酵素リパーゼが必要なのですが、カフェインは、リパーゼを活性化する働きがあります。

カフェインには、基礎代謝を上げる作用もあり、こちらも地味にダイエット効果に寄与しています。

詳しくはこちらを
脂肪の燃焼を助けるコーヒー~コーヒーで痩せる理由1

ではコーヒーダイエットとはカフェインダイエットなのかと言うと、そうでもなく…

クロロゲン酸

コーヒーダイエッターには、もうおなじみのクロロゲン酸です。

クロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれるポリフェノールの一種で、ミトコンドリアの脂肪酸取り込みを促進します。

ミトコンドリアは、細胞内のとても小さな器官ですが、脂肪をエネルギーに転換する、脂肪の燃焼工場のようなものです。

クロロゲン酸は、燃焼工場に脂肪を放り込む仕事をしてくれるのです。

脂肪燃焼ミトコンドリアとクロロゲン酸

さらにクロロゲン酸には、血糖値の急上昇を抑える働きもあります。

血糖値が上がっている状態というのは、血中にたくさん糖がある状態です。

血中に糖が増えるとインスリンが出動してきて糖をエネルギーに変えるのですが、血糖値が高いからといって消費カロリーが上がるわけではありません。

急激に増えた糖でも急激に消費できるわけではないので、はい。余ります。

インスリンは、この余った糖を脂肪に変えて体に蓄えてしまうので、血糖値が急にアップすると太りやすいのです。

クロロゲン酸を摂取すると、摂取していない場合に比べて食後血糖値が低く抑えられるので、この作用もクロロゲン酸のダイエット効果として挙げられます。

詳しくはこちらを
クロロゲン酸が血糖値の上昇を防ぐ~コーヒーで痩せる理由3

クロロゲン酸の血糖値抑制作用

クロロゲン酸は、カフェインレスコーヒーにも残っているので、

カフェインレスコーヒーにもダイエット効果はある

ということになります。

失われやすいクロロゲン酸

頼りになるクロロゲン酸ですが、まず熱に弱いという性質があり、コーヒー生豆を焙煎する時に多くが死滅してしまいます。

ただでさえ製品化されたコーヒーからは摂りにくいクロロゲン酸ですが、カフェインレスにするとなると、その工程でますます減少してしまいます。

クロロゲン酸は、カフェインを抜いたコーヒーのダイエット効果の頼みの綱なのに…
晩ご飯後の血糖値も抑えたいのに…

浅煎りの豆なら、焙煎で受ける熱が少ない分クロロゲン酸は多く含まれていますが、浅煎りのカフェインレスコーヒーというのを見たことがありませんでした。

浅煎りで有名なブルーボトルにもないはずです。
(最後にブルーボトルに行ったのは、2017年夏ごろですが、その時にもお店にカフェインレスはありませんでした)

カフェインレスコーヒーは、ダイエット効果などに期待せずに飲むものと思っておいたほうがよさそう。。。。

と、思っていたのですが…

発見!浅煎りカフェインレスコーヒー

カフェインレス_タニタプレミアムブレンド

タニタプレミアムブレンドは、タニタ食堂のコーヒーです。

独自の技術(詳細は企業秘密のようです)で、クロロゲン酸を通常のコーヒーの2倍含むという、実力派のコーヒー。

浅煎りのあの酸っぱさがなく、とてもおいしいコーヒーです。

そのタニタプレミアムブレンドにいつの間にかカフェインレスコーヒーがラインナップされていました。

カフェインレスでもクロロゲン酸は通常のドリップコーヒーの1.5倍!

タニタもカフェインレス出すならもっとガンガン宣伝してくれたらいいのに、知らずにいて損した気分だわ。

ダイエットや妊娠授乳などなどのため、浅煎りのカフェインレスコーヒーを探している人は、もうその必要ないです。

タニタプレミアムブレンド カフェインレスモカ

これですべて解決です。

保存

スポンサーリンク

-コーヒーダイエット, カフェインレス
-,