エクササイズコーヒーのダイエット効果は4つの成分の力 - Switch!

コーヒーダイエット

エクササイズコーヒーのダイエット効果は4つの成分の力

2017/10/15

エクササイズコーヒーダイエット成分wide

エクササイズコーヒーが脂肪を燃やしてくれるのは、4つの成分の効果です。

4成分と言うのは…

カフェイン

クロロゲン酸

還元型コエンザイムQ10

L-カルニチン

です。

順に見て行きましょう。

コーヒーにはダイエット効果がある

コーヒーには、元々ダイエット効果があります。

カフェインとクロロゲン酸の働きです。

カフェイン

脂肪分解酵素リパーゼを活性化

脂肪の燃焼にはリパーゼという酵素が必要ですが、カフェインは、リパーゼを活性化します。

リパーゼによって脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解され、脂肪酸が体を動かすエネルギーに転化するのです。

参考:Effects of caffeine on lipoprotein lipase gene expression during the adipocyte differentiation process.

カフェインは基礎代謝を上げる

カフェインには代謝をよくする働きがあります。

一日に3杯を3時間おきに飲んだ場合には、飲まない場合に比べて一日30kcalほどを余分に消費するそうです。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれるポリフェノールです。

ミトコンドリアの脂肪酸取り込みを促進

脂肪酸は次にミトコンドリアへ運ばれます。

ミトコンドリアは、細胞の中にある器官で、脂肪の焼却炉のようなものです。

「脂肪が燃える」その燃焼工場がミトコンドリアなのです。

クロロゲン酸は、分解されて出来た脂肪酸がミトコンドリアに取り込まれるのを促進してくれます。

脂肪燃焼ミトコンドリアとクロロゲン酸

血糖値の上昇を抑える

クロロゲン酸には、もうひとつ重要な働きがあります。

食後の血糖値の急上昇を抑制するという働きです。

食事によって血中に糖(グルコース)が増えると、インスリンが分泌されて糖をエネルギーに転換しますが、インスリンにはここで余った糖を脂肪として蓄えるという性質もあります。

血糖値が急激に上がれば、使いきれず血中に余る糖もそれだけ多くなり、インスリンがそれを脂肪に変えてしまいます。

摂取する糖質の量が同じでも、糖が血中に移動するのをスローに出来れば順次エネルギーとして使われるので、余る糖も少なく出来て、脂肪が蓄積しにくくなるのです。

血糖値は、その値だけでなく急上昇(この現象をスパイクといいます)させないようにすることにも気を配る必要があるということなのですが、クロロゲン酸には、血糖値スパイクを抑える作用があります。

クロロゲン酸の血糖値抑制作用

カフェインとクロロゲン酸のダイエット効果については、こちらに詳しく書いておきました。

脂肪の燃焼を助けるコーヒー~コーヒーで痩せる理由1
カフェインのダイエット効果~コーヒーで痩せる理由2
クロロゲン酸が血糖値の上昇を防ぐ~コーヒーで痩せる理由3

上で説明したカフェインとクロロゲン酸の力。

これはコーヒーに元々備わっているダイエット効果です。

エクササイズコーヒーは、ここに他の成分をブレンドしています。

コエンザイムQ10

還元型コエンザイムQ10

おなじみのコエンザイムQ10は、ミトコンドリア内に存在する有機化合物ユビキノンのことです。

ミトコンドリアの働きを良くすることから、ダイエット効果が期待されます。

コエンザイムQ10は、人の体内で合成できるものなので、経口摂取する必要があるかどうかについては賛否の分かれるところですが、年齢と共に減少していくものでもあり、これが年を取るにつれて痩せにくくなる理由のひとつではないかと目されています。

サプリメントとして販売されているコエンザイムQ10には、酸化型還元型があります。

酸化型コエンザイムQ10は、低コストで製品化できるという長所はありますが、体内に取り込まれてから還元型に変換されて人体に作用するので効率がよくありません。

エクササイズコーヒーに配合されいるのは、還元型コエンザイムQ10です。

カネカのサイトが分かりやすいです
注目の成分:還元型コエンザイムQ10

L-カルニチン

Lカルニチン日本第一製薬株式会社

L-カルニチンは、ダイエットサプリとしてよく知られています。

ミトコンドリアが脂肪酸を取り込む際に必要な物質だからです。

こちらもやはり年齢と共に体内で合成される量が減少していきます。

エクササイズコーヒーには、L-カルニチンも配合されています。

わかさ生活のL-カルニチン解説ページ
わかさの秘密:L-カルニチン

エクササイズコーヒーは何故痩せる?

以上が、エクササイズコーヒーのダイエット効果の根拠です。

カフェインクロロゲン酸という元々コーヒーに含まれる成分のほかに、還元型コエンザイムQ10L-カルニチンを加えることで、より脂肪燃焼効果を高める工夫がされているのが、エクササイズコーヒーです。

体の脂肪が燃えてエネルギーに転化するのを助けてくれるものであって、摂ったカロリーをまったく吸収しなくなるだとか、そういうモノではありません。

毎日0.5kgずつ痩せるとか、そんなことも起きません。

でも、

極端なダイエットは失敗します。

「コーヒーを飲んで、ゆったりした気持ちで臨む」

これこそが、エクササイズコーヒーの一番の長所だと思います。

 

エクササイズコーヒー詳細はこちら
18秒に1杯飲まれているエクササイズコーヒー

保存

スポンサーリンク

-コーヒーダイエット
-,