脂肪の燃焼を助けるコーヒー~コーヒーで痩せる理由1

その他コーヒー コーヒーダイエット

脂肪の燃焼を助けるコーヒー~コーヒーで痩せる理由1

2017/12/06

コーヒーにはなぜダイエット効果があるのか。これには、いくつものファクターがあります。主に活躍するのは、カフェインクロロゲン酸です。

これらの成分には、脂肪燃焼を助ける力があります。どのように働いているのかを見てみましょう。

カフェインが脂肪の分解を促進する

「脂肪が燃える」「脂肪を燃やす」とよく言いますが、この時何が起きてるのかというと…

まず、脂肪が燃焼するためには体脂肪が脂肪酸グリセリン分解される必要があります。分解してくれるのは、すい臓で作られるリパーゼという酵素なのですが、カフェインには、このリパーゼを活性化する働きがあります。

脂肪燃焼_リパーゼとカフェイン

 

コーヒーには、トリゴネリンという成分も含まれています。トリゴネリンは焙煎されるとニコチン酸(ナイアシンです。ビタミンB3。タバコとは無関係)に変化するのですが、こちらも同様に脂肪分解を促進します。

トリゴネリンを強化したコーヒー
澤井珈琲
トリゴネージ

分解されて出来た脂肪酸は、この後ミトコンドリアに取り込まれ、運動するエネルギーに変わる第二段階に進みます。

脂肪燃焼の第一段階、体脂肪の分解カフェインが助けるわけです。コーヒーを飲むと、脂肪が分解されやすくなるのです。

脂肪を焼却炉に放り込んでくれるクロロゲン酸

脂肪酸は、ミトコンドリアへと運ばれます。

ミトコンドリアというのは、細胞の中の器官で、体内の栄養をエネルギーに転換する場所です。脂肪が分解されて出来た脂肪酸は、ミトコンドリアで燃焼することによって、エネルギーに変わります。

この時、ミトコンドリアへの脂肪酸の取り込みを促進してくれるのが、このところ話題のクロロゲン酸です。

脂肪燃焼ミトコンドリアとクロロゲン酸

 

顔以外の部位で、つまめる部分は全部脂肪です。
お腹や二の腕の…そう、それですそれ。「それ」を焼却炉にどんどん投げ込んでくれるのが、クロロゲン酸なのです。

クロロゲン酸は、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種で、熱に弱いのが弱点ではありますが、インスタントコーヒーでも少量なら摂ることが出来ます。

熱に弱い性質から深煎り豆よりも浅煎りのほうが、クロロゲン酸が豊富に残っています。
日本で従来人気なのは、深煎りコーヒーで、浅煎りは酸味が強くておいしくないと認識されてきましたが、最近は、サードウェーブコーヒーの流行もあり、浅煎りが見直されています。浅煎りには浅煎りの挽き方、淹れ方というのがあるそうです。
ちょっと研究してみたいところですね。

私は、授乳を終えてコーヒー解禁したのがつい最近なので、実はまだブルーボトルコーヒーにも行ったことがないのです。早く浅煎り体験したい!

クロロゲン酸、トリゴネリンとも、煎り方が浅いほど多く残りますが、
(参考:日本食品工業学会誌 焙煎によるコーヒー豆のトリゴネリンとカフェイン含量の変化

コーヒーダイエットの秘訣は、コーヒー好きになること、コーヒー好きでいることです。自然に長続きするよう、味の好みも重視しながら選ぶのがいいと思います。

また、ブラジルの大学の研究によると、有機栽培のコーヒーのほうが通常栽培のものに比べて、クロロゲン酸、カフェイン、トリゴネリンのすべての成分を多く含んでいるとのことです。

有機コーヒーなら、おいしいものが日本でもたくさん販売されているので、「やっぱり深煎りのほうが好き!」という人は有機コーヒーを選ぶのもひとつの方法だと思います。

コーヒーの痩せ理由は、こちらも
カフェインのダイエット効果~コーヒーで痩せる理由2
クロロゲン酸が血糖値の上昇を防ぐ~コーヒーで痩せる理由3

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク

-その他コーヒー, コーヒーダイエット
-