【オールマックス】 クラシック,ゴールドの違いとアイソフレックス

ALL MAXホエイプロテインにはいくつかのグレードがあります。

クラシックゴールドが一般的によく知られているものかな?と思います。

クラシックの方が安いのですが、ゴールドはどこがどう優れていて高いのかパッと見ただけでは分かりにくいです。

オールマックスにはアイソフレックスというゴールドよりさらに上のクラスもあります。

オールマックスのプロテイン、クラシックとゴールド、アイソプロ。この3つの違いをまとめました。




プロテインオールマックス クラシック、ゴールド、アイソプロの違い

値段はクラシックが一番安く、次にクラシック、アイソプロが一番高いです。

ホエイプロテインの製法と混合比率が違う

メーカーのサイトを見るとよく分かるのですが、クラシックとゴールドは、WPCWPIを混ぜたものです。

で、書き方から考えてクラシックはWPCの方が多く、ゴールドはWPIの方が多いのでしょう。

↓100%WHEY PROTEINとある下に製法が書かれています。

ALL MAXプロテイン,クラシックとゴールドWPI100%ではない

CONCWNTRATE=WPCISOLATE=WPIです。

クラシックとゴールドはWPCとWPIを混ぜていて、WPIのみのプロテインはアイソフレックスだけです。

で、クラシックはCONCENTRATEが先に書かれ、ゴールドはISOLATEが先に書かれているので、クラシックはWPCが多く、ゴールドはWPIが多いのだろうなと。

オールマックスのゴールドはWPI100%ではありません。

比率は不明ですがWPCが含まれています。

でかでかと100%と書かれているのは、「100%ホエイですよ」ってことです。

乳糖不耐症の方は気を付けてください。

WPIのみを使用しているのはさらに1グレード上のアイソフレックスです。

WPC,WPIについてはこちらに

3種類のプロテイン ホエイ・カゼイン・ソイ の違い 原料特徴など
3つの種類(ホエイ、カゼイン、ソイ)のプロテインについて、原料やその特徴、味、溶けやすさなど。どの種類のプロテインがいいのかその人のプロテインを摂る目的によります。筋肥大や筋肉の回復を狙うなら、一番一般的なホエイがいいと思います。ただ、乳糖不耐症の人は、WPIかWPH製法のものを選ぶ必要があり、少し価格が高くなります。長時間のサポートを期待するならカゼインかソイが向いています。ダイエット中の栄養補給のために使うなら、腹持ちのよいカゼインかソイなら食事と置き換えたり、間食代わりにしたり出来ます。初めてプロテインを使うという女性なら、まずはソイプロテインを試してみるのがいいでしょう。ソイプロテインは、女性ホルモンに似た働きをするので、体質に合わないことがあるかもしれません。また、いきなり無添加を選んでしまうとマズくてびっくりすると思います。最初は少量で売っている一般的なものがおすすめです。

たんぱく質含有率が違う

クラシックは69.8%、ゴールドは80%、アイソフレックスは90%です。

プロテインの製法とたんぱく質含有率の違いが価格の違いと言ってしまっていいでしょう。

その他もろもろがことごとく違う

オールマックスの「クラシック」「ゴールド」「アイソフレックス」

他にもなにかと違います。

たんぱく質含有率が違うので当然と言えば当然なのですが、糖質量とコレステロールが特に違います。

3種類のプロテインをチョコレートフレーバーで比較してみます。

数値はオールマックスの公式サイトに出ているもの(チョコレート味)を使っています。
(iHerbの商品ページに出ている数値とちょっと違うのです…)

クラシックゴールドアイソフレックス
製法WPCとWPIWPIとWPCWPI
カロリー170kcal120kcal110kcal
1回量43g30g30g
たんぱく質含有率69.8%80%90%
たんぱく質30g24g27g
脂質2.5g1g0.5g
炭水化物7g3g2g
食物繊維1g1g1g
コレステロール75mg30mg0mg
カルシウム166mg113mg107mg
1mg1mg1.4mg
ナトリウム140mg115mg50mg
カリウム379mg264mg230mg

クラシックは、1回分のカロリーもやや高めで糖質もプロテインパウダーにしては多めです。

減量中の人はクラシックは使わないほうがいいかなと。

これくらいで太るとも思えませんが、他にもっと低カロリー低糖質なものがあるのに何もわざわざクラシック選ばなくても。

ゴールドは全体的にONのゴルスタと似た感じ。

アイソフレックスになるとすごくいいですね。

脂質、糖質は最小限。コレステロールも少ないです。

ALL MAXで高品質と言われるのはゴールド以上をさしている?

のでしょう、たぶん。

アイソフレックスは、オールマックスと呼ばずに「アイソフレックス」と呼ばれているように思うので、「オールマックスいいよ」と言ったらゴールドのことなのでしょう。

クラシックも飲んだらダメってほどではないですが、1回分に7~9gの糖質(フレーバーによる)が入っていることは知っておいたほうがいいかなと。

WPI100%でなくWPCのほうが多く入っていることも、体質によっては重要です。

ランナーには意外といいかもしれないクラシック

ランニングと糖質

走った後は筋肉のグリコーゲンが減少しているので、たんぱく質だけでなく糖質も摂ってとよく言われます。

長時間の有酸素運動はどうしても筋肉分解を避けられませんが、即座に糖質を補給すると多少はいいかも。

筋トレ派の人の増量期のプロテインとしてもクラシックはいいんじゃないかと思います。

ハードに筋トレする人は、ワークアウト直後に粉アメを摂ったりもしますし、糖質が必要なタイミングもあります。

参考:運動・トレーニング後の食事の仕方|Glico

オールマックスのプロテインを選ぶなら

乳糖不耐症の人はアイソフレックスを

ALLMAXプロテインisoflex

アイソフレックスiHerbにしかありません。

ALLMAX Nutrition, アイソフレックス

↑から買うと5%OFFになります。

減量期の人はゴールドを

ALLMAXプロテイン-ゴールド

ゴールドiHerbにしかないですね。

ALLMAX Nutrition, ゴールド(5%OFF

↑から買うと5%OFFになります。

増量期の人はクラシックもいいかもです

クラシックアマゾンにもあります。

時々アマゾンの方が安いこともあります。iHerbもアマゾンも値段が良く変動するので、ふたつを比べてお得な方で注文してください。

ALLMAX Nutrition, クラシック@iHerb(5%OFF)

ALLMAX Nutrition, クラシック@Amazon

iHerb5%割引コード FOR9800 ご利用ください。