食べ方の工夫

ダイエット法

難消化性デキストリンゼリー3種類の比較表-成分カロリー糖質量価格など

難消化性デキストリンを摂取する方法のひとつにスティック状のゼリーがあります。外出先でも簡単に食べられて職場のランチも安心な難消化性デキストリンゼリーのうち、脂質をほとんど含まない3つの商品について、栄養成分、難デキ量、糖質量とコスト、最安値購入の方法などを調べたので参考に。
食べ方の工夫

難消化性デキストリンの特徴と効果と摂取量・タイミングなど

難消化性デキストリンがなぜトクホなのか。なぜダイエット効果があると言われるのかをまとめながら、効率のいい摂取タイミングや目安としての摂取量などを考えてみます。難デキの特徴を見ると食事の前か食事と一緒に摂るのがベストなタイミングであると分かります。おすすめの摂り方はパウダーかゼリーです。難消化性デキストリンは粉を買うことが出来るので飲み物に溶かして飲むのが一番手軽で低コストな方法です。外出先など粉を溶かすわけにいかない時にはゼリーを活用してください。
食べ方の工夫

低糖質で低価格なケーキDANKE ロカボ・スタイルを食べてみたので口コミ

低糖質のプチ・ケーキDANKEのロカボ・スタイルを食べてみました。ケーキなのに低糖質で健康的なお菓子です。しかも安い!残る問題は味だけのロカボ・スタイル。まずレモンケーキを食べました。パサパサした感じを予想していたのですが、ぜーんぜん。しっとりとジューシーで、この味なら「ケーキ」です。「ケーキ」としか言えません。こういうパッケージでなかったら菓子折りになっていてもおかしくない味です。
食べ方の工夫

森永マクロビ派ビスケットは固めたチョコフレーク味のちょっと健康的なお菓子

マクロビ派ビスケットは、マクロビオティックの発想を元に作られたお菓子で、材料には動物由来のものや精製された砂糖、トランス脂肪酸などを使っていません。 穀物やナッツを使用していて、食物繊維をとることも出来ます。 こう言ってはなんですが…マクロビのあの…ちょっと怖!なノリがなく、健康的な食事を心がけましょうくらいの位置にあるところがいいなと思います。 ソイジョイのような感じに素材をギュッと固めた形状で、食べやすそうです。 カカオとフルーツグラノーラの2種類があり、今回我が家で試したのはカカオのほうです。 フルーツグラノーラにはクランベリーが入っていていかにもおいしそうなのですが、子供がベリー系をあまり好きではないので。
タイトルとURLをコピーしました