2016-10

コーヒーダイエット

3種類のクロロゲン酸ダイエットコーヒーのコスト比較

いくら痩せるためとは言え、出来るだけコストがかからないようにしたいですよね。そこで、代表的なダイエットコーヒー3種類の1杯あたりのコストを、まとめ買いした場合や送料なども含めて計算、比較してみました。成分と味についても入れておいたので参考にして下さい。
健康

コーヒーがうつ病リスク自殺リスクを下げる

カフェインレスのコーヒーの摂取量との関連は見出せなかったこと、コーヒーではなくカフェインそのものを摂取した場合にはコーヒーと同様の効果が見られたことで、カフェインが、セロトニンやドーパミンの分泌を促すことが原因ではないかと考えられています。多く飲む人ほど自殺のリスクが低いことが分かります。多くのケースで、自殺の背後にはうつ病などの精神疾患が横たわっていることでしょう。うつ病を防ぐことは、自殺を防ぐことに直結しているので、もっともな結果であると言えます。
COSME

酵素洗顔パウダーでこの泡立ち!ナールスフォームで優しく角質オフ

酵素パウダーに泡立ちを期待したいわけ泡というクッションがないと、肌は、酵素によって剥がされ、こすって剥がされ…となって、軽めの肌虐待になってしまいます。洗った肌はしっとりというか…ふかふかです。肌がふかふかなんです。
健康

コーヒーが蓄積を防いでくれる老人斑って何

動物実験で、カフェインに老人斑(アミロイド斑)を減少させる効果があることが発見され、これがコーヒーのアルツハイマー予防効果につなかっているのではないかと考えられます。しかし、老人斑がアルツハイマーの原因になるのではなく、アルツハイマーによって老人斑が出来るのだと示す動物実験の結果も出ていて、今のところなんとも言えず、コーヒーの何がどう効いてアルツハイマーを予防するのか、そのメカニズムの解明は、まだしばらく先のようです。
COSME

べたつかないハンドクリーム ナールスロゼは顔に塗りたいクオリティ

ナールスロゼを使ってみました いくら有名大学で開発されたといってもね、使ってみないと分かりません。特にベタつき問題に関しては。1時間後でも3時間後でも相変わらず手はしっとり、みずみずしいままです。 それでいてさらっと気持ちのいい肌。ナールスロゼをお得な価格で買うには公式サイトでの購入には、他にもお得なことが…
ダイエット

ティーライフ ダイエットプーアール茶は楽天Amazonで買うと損です。

毎日ペットボトルの健康茶を買うよりずっとずっとおトクです。なるほど。これいい!もうこれ買うわ。ティーライフダイエットプーアール茶は、どう買うのがおトク?と調べてみると…おトクな買い方が3つあります。順に説明しますね。初回限定お試しセット公式サイトには12日分のお試しセットというのが用意されています。こちらが970円(税込)送料無料。35日分+12日分セット
コーヒーダイエット

エクササイズコーヒーのダイエット効果は4つの成分の力

エクササイズコーヒーが脂肪を燃焼させるのは、・カフェイン・クロロゲン酸といったコーヒーに元々含まれる成分の他に、還元型コエンザイムQ10、L-カルニチンを配合してダイエット効果を強化しているからです。4つの成分について説明しています。
健康

コーヒーは癌を予防する(3) 大腸がん咽頭がん編

日本では、男女共に大腸がんが増えています。大腸がんには、高インスリン血症や糖尿病が関係していると見られているので、コーヒーの血糖値抑制効果が、大腸がんの予防にも繋がっているのではないかと考えられています。咽頭がんも、近年増加傾向にあるがんです。忌野清志郎氏も咽頭がんでした。あの声をもう一度聴きたいと思う人が大勢いることでしょう。
健康

コーヒーは癌を予防する(2) 乳がん子宮がん編

子宮体がんについてもコーヒーの予防効果は期待できます。約6万7千人の女性(34歳から57歳)に対する26年間に渡る調査の結果、1日に4杯以上のカフェイン入りコーヒーを飲む人の子宮体がん罹患確率は、1杯未満しか飲まない人に比べて30%低いことが分かりました。デカフェインのコーヒーでも同様の傾向が見られ、コーヒーと並んでよく飲まれているカフェイン飲料である紅茶では、摂取量と子宮がんとの相関関係は認められなかったことから、カフェイン以外の成分も作用していると考えられます。
健康

コーヒーは癌を予防する

BMC Cancerという腫瘍学の専門誌に掲載された研究論文によると、コーヒーを飲む習慣のある人ががんにかかる確率は、そうでない人に比べて13%、非常に多く飲む人では18%低くなるとの結果が出ています。 リスクの低下が見られたがんは、乳がん、咽頭がん、大腸がん、子宮体がん、食道がん、肝臓がん、白血病、すい臓がん、前立腺がんと、多岐にわたります。肝臓がんにかかるリスクは、「ほとんど飲まない」人を1.0とした時、「週に1,2日」の人は、0.75、「一日1,2杯」の人は、0.52、「一日5杯以上」の人では、0.24となり、コーヒーを多く飲む人ほど、肝臓がんリスクが低いことが分かります。ミラノ大学の研究では、コーヒーを飲む習慣のある人の肝臓がんリスクは、飲まない人に比べて40%低いという結果が出ています。
error:Content is protected !!