HEALTH

健康

花粉症対策には秋からはじめたほうがいいこともあります

夏の気温と降水量、日射量が翌年春のスギ花粉量を左右します。2019年春の花粉が少なくなる可能性はとても低いでしょう。小学生の頃から花粉症だった私の経験を交えて、花粉症対策をまとめておきます。中には数か月前からはじめないと効果のないこともあります。早めの対策が重要です。
サプリメント

腸内フローラ改善「腸活の素」はなぜ痩せると評判なのか

腸内フローラを改善すると太りにくくなると言いますが、改善は簡単ではないです。独自成分の納豆菌も配合している腸活の素を試してみたので口コミします。腸内フローラと短鎖脂肪酸、肥満の関係についてや一番安く買えるサイト、楽天Amazonでの販売状況なども。
健康

ジカ熱デング熱対策は蚊に刺されないよう注意するしか…便利なグッズなどまとめました

毎年暑くなってくるとジカ熱やデング熱の話題が持ち上がるようになりました。ウィルスを持っている蚊かどうかは見ただけでは分からず、蚊に刺されないようにすること以外対策はありません。2016年に日本でも新しい虫除け成分イカリジンが認可され、ディートの配合可能な濃度も30%にアップしました。そうした商品の特徴や利点、殺虫剤、ハーブ、蚊に狙われにくい服の色などをまとめておきます。
片頭痛

タイガーバームが買えなくて困っている人へ-日本国内入手不可能

いつの間にかドラッグストアや薬局の店頭から姿を消したタイガーバームです。日本で買えなくなっているのはシミックが製造しないから。シミックをあてにして待っていてもたぶんムダなので他の入手方法を探しました。お馴染みのタイガーバームは白い軟膏ですが、実は赤いタイガーバームもあります。赤と白の成分の違い、日本で売られていた商品はどんな成分だったのかなどの情報から、どのタイガーバームを買ったらいいのか考えてみます。
健康

森永マクロビ派ビスケットは固めたチョコフレーク味のちょっと健康的なお菓子

マクロビ派ビスケットは、マクロビオティックの発想を元に作られたお菓子で、材料には動物由来のものや精製された砂糖、トランス脂肪酸などを使っていません。 穀物やナッツを使用していて、食物繊維をとることも出来ます。 こう言ってはなんですが…マクロビのあの…ちょっと怖!なノリがなく、健康的な食事を心がけましょうくらいの位置にあるところがいいなと思います。 ソイジョイのような感じに素材をギュッと固めた形状で、食べやすそうです。 カカオとフルーツグラノーラの2種類があり、今回我が家で試したのはカカオのほうです。 フルーツグラノーラにはクランベリーが入っていていかにもおいしそうなのですが、子供がベリー系をあまり好きではないので。
片頭痛

頭痛との15年戦争 克服までに試した対策全部とその効果をまとめ

事故でむち打ちをやって慢性肩こりになり緊張型頭痛が常態化、凝ってると思っていたらいつの間にか偏頭痛に。頭痛生活15年でしたが色々試してほぼ克服、今では頭痛を怖がらずに過ごしています。やったこと全部と効いたもの効かなかったものや対策のコツなど、頭痛で悩んでいる人のお役に立ちそなことをまとめました。
サプリメント

リプライセルとAmazonリポスフェリックは同じものですので

人気のリプライセル。iHerbでは年中売切れです。そういう時は、Amazonでリポスフェリックを買ってください。リプライセルと同じもので、リポ・スフェリックの方が安いです。リポスフェリックが最初の製品です。それをiHerbでパッケージを変えたのがリプライセルです。特に夏場はリポスフェリックにしたほうがいいです。リポソーム化された製品には、熱に弱いという弱点があります。
その他コーヒー

謎のコーヒー飲料ワンダTEA COFFEEとクリアラテを飲んでみました

立て続けにちょっと変わったペットボトルコーヒーが発売されています。お茶とコーヒーをブレンドしたWONDA TEA COFFEEと、色がなく透き通ったコーヒー クリアラテを試しに飲んでみたので、味など口コミレポートします。1本分に換算したカロリー、炭水化物量なども。甘いのはアレですが、ちゃんとお茶の香りが残っていて、悪くありません。お茶が、隠し味…よりも、もうちょっと強めに出る味で、ミルクの入ったコーヒーのトロッと感にかすかな爽やかさを加えている感じです。とは言え甘いので、HPにあるような「さっぱりとした後味」は無理ですが。甘くなかったら、かなり好きな味かも。なんで砂糖入れちゃったかな?
コーヒー

ハチミツコーヒーの咳止め効果がブロンやステロイドに勝利しました

コーヒーにはちみつを入れて飲むと、長引く咳が治まるという治験結果が発表されました。テヘランの大学病院で実施された治験です。まず97人の成人患者(3週間以上咳が続いている大人、平均年齢40.1歳)を 蜂蜜コーヒー群 プレドニゾロン群(ステロイドです) グアイフェネシン群(ブロンがこれです)の、3つ、のグループに分けます。期間は1週間、8時間ごとに1回、それぞれに与えられたものを飲んでもらって、咳スコアを計測したところ、ハチミツコーヒーを飲んでいた被験者さんの症状改善が最も顕著だったという結果が出ています。咳をスコア化した数値の変動は以下の通り
睡眠

たんぽぽコーヒーとグリシンで作る熟睡茶は懐かしのあの飴の味

たんぽぽコーヒーはノンカフェインなので眠りを妨げることはありませんが、眠れるようになるわけでもありません。そこでたんぽぽコーヒーにグリシンの粉を入れてみると、懐かしいキャンディーの味になりました。おいしくノスタルジーを呼び起こす甘いお茶の味になり、しかも熟睡できます。面白いのでぜひ試してみてください。グリシンは粉で買うとすごくコスパがいいです。