血糖

ダイエット

難消化性デキストリンゼリー3種類の比較表-成分カロリー糖質量価格など

難消化性デキストリンを摂取する方法のひとつにスティック状のゼリーがあります。外出先でも簡単に食べられて職場のランチも安心な難消化性デキストリンゼリーのうち、脂質をほとんど含まない3つの商品について、栄養成分、難デキ量、糖質量とコスト、最安値購入の方法などを調べたので参考に。
ダイエット

難消化性デキストリンの特徴と効果と摂取量・タイミングなど

難消化性デキストリンがなぜトクホなのか。なぜダイエット効果があると言われるのかをまとめながら、効率のいい摂取タイミングや目安としての摂取量などを考えてみます。難デキの特徴を見ると食事の前か食事と一緒に摂るのがベストなタイミングであると分かります。おすすめの摂り方はパウダーかゼリーです。難消化性デキストリンは粉を買うことが出来るので飲み物に溶かして飲むのが一番手軽で低コストな方法です。外出先など粉を溶かすわけにいかない時にはゼリーを活用してください。
ダイエット

プロテインダイエット ザバスウェイトダウンはなぜ痩せるのか

減量を明確に視野に入れたプロテイン、ザバスのウェイトダウン。たんぱく質を補給するための食品であるプロテインにダイエット効果を付加しているのはガルシニアです。味や何に溶かして飲むのがいいのかなど飲んでみた感想を口コミしながら、効果的な摂取タイミングなどをまとめました。
糖質制限

量より質 グリコSUNAOシリーズのアイスはカップの方がおいしいです

糖質50%オフでショ糖ゼロ、80kcalしかないグリコSUNAOのアイスを食べてみました。同じバニラでもソフトクリーム型のものとカップに入ったものでは味が違います。それぞれを食べた感想とカロリー糖質脂質などのデータを書いておきます。カップのほうが満足感があっておいしいと感じました。
糖質制限

グリコSUNAOビスケット 糖質50%オフ ロカボなのに大満足の味

グリコSUNAOビスケットは、糖質を平均的なビスケットの50%までカットして1袋の糖質10g以下という、うれしいお菓子です。味には期待せずに食べてみたらすごくおいしくてびっくりしました。それでいて値段も高いわけじゃないし。SUNAOビスケットの味と栄養成分などをまとめておきます。
コーヒーダイエット

トクホの難消化性デキストリンコーヒーは家で簡単に自作できますので

市販の難消化性デキストリンを溶かすだけ。家でトクホのコーヒーを作れます。トクホのコーヒーに含まれる難消化性デキストリンがダイエットに有効とされるのは、血糖値の急上昇を抑えてくれるからです。難デキの働きを確認しながら、簡単低コストな自作トクホコーヒー作りに必要なものを紹介します。
健康

コーヒーは糖尿病を予防する

クロロゲン酸の血糖値抑制効果代謝率の向上は、コーヒーだけでなく緑茶でも同様の実験結果が得られることから、カフェインの作用とされていますが、カフェインレスのコーヒーにも糖尿病を予防する効果が認められています。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、糖質分解酵素を阻害したり、消化管が糖を吸収するのを抑えたりするだけでなく、血糖値の上昇を抑制するホルモンGLP-1 の生成を促進する働きもあり、糖質を摂取したときの血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。
コーヒーダイエット

クロロゲン酸が血糖値の上昇を防ぐ~コーヒーで痩せる理由3

食後血糖値の急上昇は、ダイエットの大敵です。糖質が摂取されてから血液へと移動するペースは、早いほうが太りやすく、これを遅く出来れば太りにくくなると言うことです。で、どうやって遅らせたらいいのさ大丈夫、私たちにはクロロゲン酸がついています。糖質分解酵素の働きを阻害摂取した糖質は、まずアミラーゼやグルコターゼなどの糖質分解酵素によって吸収しやすい形に分解されますが、クロロゲン酸は、これらの酵素の働きを阻害します。食べてから分解されるまでの時間を長くしてくれるので、血糖値の上昇もゆるやかに出来るのです。
error:Content is protected !!