2018-07

未分類

Amazonフレッシュで日用品3,000円分を実質無料で入手して下さい

Amazonフレッシュはアマゾンの食材宅配サービスですが、日用品文房具衣類PC関連グッズなど幅広く取り扱っています。通常のアマゾン価格よりも安く買えたり少量を買えたりするメリットもあります。Amazonフレッシュのお得な利用法やクーポンキャンペーンの情報、注意点などについてまとめました。
プロテイン・HMB

本当の糖質量に注意!プロテインバーONEバーピーナッツバター味

ONEバーのプロテインバー ピーナッツバターパイ味の味や満腹感を口コミしながら、分かりにくい糖質量と含まれるイソマルトオリゴ糖、マルチトールなど血糖値に影響するものについて説明しています。血糖値を気にしている人には知っておいてほしいことです。
プロテイン・HMB

シンサ6プロテインバー塩タフィプレッツェルはキャラメルおこし味

シンサのプロテインバー、BSN Syntha-6プロテインクリスプ 塩タフィープレッツェル味を食べました。味などを口コミしながらカロリーたんぱく質量、使用されているプロテインの種類などをまとめています。とてもおいしいと評判のシンサ、中でも好評な塩プレッツェルは、柔らかくしたおこしの食感で味はキャラメルです。キャラメルおこしと名をつけたい楽しい味。
プロテイン・HMB

Milk protein concentrate(MPC)ミルクプロテインコンセントレートって何

アメリカのプロテインバーなんかの原材料によく書かれいる「Milk protein concentrate」牛乳を原料にしたプロテインの種類のひとつだということは想像がつきますが、ホエイやカゼインと別に記載されているのはなぜなのか、ミルクプロテインコンセントレートとは何かを説明しています。
ダイエット

難消化性デキストリンゼリー3種類の比較表-成分カロリー糖質量価格など

難消化性デキストリンを摂取する方法のひとつにスティック状のゼリーがあります。外出先でも簡単に食べられて職場のランチも安心な難消化性デキストリンゼリーのうち、脂質をほとんど含まない3つの商品について、栄養成分、難デキ量、糖質量とコスト、最安値購入の方法などを調べたので参考に。
ダイエット

難消化性デキストリンの特徴と効果と摂取量・タイミングなど

難消化性デキストリンがなぜトクホなのか。なぜダイエット効果があると言われるのかをまとめながら、効率のいい摂取タイミングや目安としての摂取量などを考えてみます。難デキの特徴を見ると食事の前か食事と一緒に摂るのがベストなタイミングであると分かります。おすすめの摂り方はパウダーかゼリーです。難消化性デキストリンは粉を買うことが出来るので飲み物に溶かして飲むのが一番手軽で低コストな方法です。外出先など粉を溶かすわけにいかない時にはゼリーを活用してください。
糖質制限

低糖質で低価格なケーキDANKE ロカボ・スタイルを食べてみたので口コミ

低糖質のプチ・ケーキDANKEのロカボ・スタイルを食べてみました。ケーキなのに低糖質で健康的なお菓子です。しかも安い!残る問題は味だけのロカボ・スタイル。まずレモンケーキを食べました。パサパサした感じを予想していたのですが、ぜーんぜん。しっとりとジューシーで、この味なら「ケーキ」です。「ケーキ」としか言えません。こういうパッケージでなかったら菓子折りになっていてもおかしくない味です。
健康

ジカ熱デング熱対策は蚊に刺されないよう注意するしか…便利なグッズなどまとめました

毎年暑くなってくるとジカ熱やデング熱の話題が持ち上がるようになりました。ウィルスを持っている蚊かどうかは見ただけでは分からず、蚊に刺されないようにすること以外対策はありません。2016年に日本でも新しい虫除け成分イカリジンが認可され、ディートの配合可能な濃度も30%にアップしました。そうした商品の特徴や利点、殺虫剤、ハーブ、蚊に狙われにくい服の色などをまとめておきます。
ダイエット

置き換えスナック菓子ガウビケスを食べてみたので味や満腹感を口コミします

ガウビスケは、栄養と満腹感を実現しながらダイエットを助けてくれるお菓子ですが見た目は完全にスナック菓子。ガウビケスとはどういった製品なのか、どんな味なのか、置き換えに使えるほどお腹が一杯になるのかなど実際に食べてみた感想を、原材料栄養成分や最安値購入の方法などとともにまとめました。
片頭痛

タイガーバームが買えなくて困っている人へ-日本国内入手不可能

いつの間にかドラッグストアや薬局の店頭から姿を消したタイガーバームです。日本で買えなくなっているのはシミックが製造しないから。シミックをあてにして待っていてもたぶんムダなので他の入手方法を探しました。お馴染みのタイガーバームは白い軟膏ですが、実は赤いタイガーバームもあります。赤と白の成分の違い、日本で売られていた商品はどんな成分だったのかなどの情報から、どのタイガーバームを買ったらいいのか考えてみます。